麻雀ブログ『男は黙って裏3』

裏3(トゥリー)と言うべし。主にネット麻雀の日記。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

「他のアプリケーションを全て終了させてから」

 現在、私のPCには『ウィルスバスター2006』が入れてある。











 ウィルス被害にやられてしまってやむを得ず体験版を試しに入れてみたのだが――



























まぁ来るわ来るわ























 毎日3通だの4通だのと、続々とウィルスメールが送られてきていた。ちょっと末恐ろしくなったりもしたもんだが、今のところ未然に防いでくれているようである。















 だがしかし、この『ウィルスバスター2006』にも弱点があった。















 こいつ、やたらとメモリ食いやがります


































 そらーもー食いやがります。
























 うちの愛しいマイ・PC(愛称:どんタコス)とはもう6年以上の付き合いになるアツアツカップルである。私の無理な注文にもギッチョンガッチャンと頑張ってくれるいじらしい奴だ。



















 しかしこのウィルスバスター2006はそんなどんタコスちゃんに更に無理難題をつっかける。こいつのおかげでどんタコスちゃんの起動にかかる時間が4~5倍へと跳ね上がってしまった。























 しかし、どんタコスに感染してしまうウィルスを予防、駆除してくださるのである。ここは文句は言えぬところか・・・ヤムヲエヌ。























 ってなわけでウィルスバスター2006を起動させたまま、毎度の雀荘NETへと馳せ参じる。



















 そんでオーラス。トップと4000点差の二着目――こんな手で猛追する。



 ドラ


 理想形である。ドラのが出れば迷わずポンだ。



















ペシッ





























 ―――よしっ! ポウィルスバスター2006「アップデートを開始します」

























なにぃ!?(日向小次郎風味に)

























ウィルスバスター2006「ウィルスというのは日々改良され、新化して襲い掛かってくるものです。そのために我々は日々たゆまぬ努力で新しいワクチンプログラムを開発し、それを無料でご提供――」

























ええい黙れ!!
























 分かると思うのだがこのファイルアップデート、非常に重い。うちの愛しい愛しいマイPCどんタコスちゃんのメモリのほとんどを奪い取り、アップデートのみが我が物顔で開始され、大量のファイルが送信されてくる。
























どんタコス「おねげぇします! おねげぇします! 今、そのメモリを持って行かれたらあっし達ぁどうやって雀荘NETを起動させ続ければいいのでゲスか~!?」
ウィルスバスター「ええい。なにをぬかすか! 誰のおかげでウィルスから守ってもらえると思っておる!」
どんタコス「なにとぞ! なにとぞご容赦を~~~!!」
ウィルスバスター「ええいその手を離さぬかーーー!」


























どんタコス「いや! だめ! そんなおっきいの入らない!!」
ウィルスバスター「へっへっへっ。なに言ってやがる。お前のハードディスクはこんなに嬉しそうにガリガリ言ってやがるじゃねぇかよ~~」
どんタコス「あああ~~そんなぁ~~~」

































 すいませんナチュラルにテンパってます。
























 結局そのが鳴けるはずもなく、鳴けぬどころかその後ぴくりとも動かず、ガンガンファイルをアップデートしやがるウィルスバスター2006。














 雀荘NETで遊ぶ時は、他のアプリケーションをなるべく終了させて遊びましょう。


「ってかお前PC買い換えろ!」と思った方は下記のランキングをクリックしてやってください。

ランキング!!
$435.4 → $462.4
スポンサーサイト

テーマ:麻雀 - ジャンル:ギャンブル

  1. 2006/01/31(火) 14:38:32|
  2. 雀荘NET
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:9

「足し算を覚えよう♪」

 昨日の腹ボテ打法へ非公開コメントが届く。

















 私はこの非公開コメントがあまり好きではない。





 他の読者に読ませることなく、管理人だけの告げ口!!!













 または読者を刺激せず、管理人だけに批判!!!


















 ええい。こそこそすんじゃねぇ!!





















 非公開などせず、堂々と発言するがよい!!







 どーせ名前や住所などわからんのだ!























どこまで匿名する気だ!?


























 ったく、どんな匿名コメントだ? こっそり批判か? あぁん?




















・非公開コメント
 枚数、四枚ずつ多いっす。























 ? 四枚多い? なにを言っているのだろう? 新手の嫌がらせであろうか?

 ……四枚? 四枚多い? ……




















わぁわぁわぁわぁわぁ~~~~ん♪(回想音)



























 ツモ ドラ

 受け入れ牌は(4枚)、(4枚)、(3枚)(4枚)と4種19枚と受け入れもなかなかである。























 なかなかである。




































 なかなかである。じゃねぇだろ!!
















 4+4+3+4=がなんで19なんだよ!? 15じゃん! 














 だめじゃん!!















 足し算すらできてないじゃん!!





















 ってことはこっちも……

 ツモ ドラ


 受け入れ牌は(4枚)、(2枚)、(4枚)、(3枚)(4枚) の5種21枚――。



























 やっぱり21枚とか言ってるであります!(正しくは17枚)































































 ……。


















































 ………。













































 昨日の腹ボテ打法へ非公開コメントが届く。

















 私はこの非公開コメントが大好きである!







 他の読者に読ませられない、管理人だけへのアドバイス!!!








 または読者の煽りを回避して、管理人だけにヘルプ!!!


















 なんとすばらしきことであろうか















 今後もこういう非公開コメント大募集である。……イヤマジデ。



 ランキングに参加しました。面白かったと思ったらココをクリックしてやってください。
ランキング!!


$468.7 → $435.4

テーマ:麻雀 - ジャンル:ギャンブル

  1. 2006/01/30(月) 11:35:17|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:5

「腹ボテ打法」

 最近形の勉強に凝っている。





 麻雀牌を適当に並べ、それらをカチャカチャといじりながら

「お。これってこの待ちもあるな」
「お。これってここもあるじゃん」

 などと一人ほくそ笑んでいたりする。






























かなり暗かったりする





























…くす



























 まぁそんな中で最近思うのが『先に危険牌を払う』という発想である。



 例えばこれ。






 こんな形の時、特に一向聴などの時は一枚安全牌(など)を抱えてを切る打ち手が多い。しかもベテラン、上級者と呼ばれる人にこの傾向が高い。


 実際よく勝つし強いのだが、この打に最近疑問を感じるのである。












 まず、



 この形の受け入れはの3種10枚である。





 対して一枚払った


 この形の受け入れはの2種8枚である。


































 と、思った人手ぇ挙げて


























 実は違うのである。実はこの形にはもう2枚受け入れを増やすのである。





 例を挙げてみよう。

 ツモ ドラ


 こんな一向聴でをツモった時、を安全牌として残し、を切るのが有利か? それともそのままをツモ切るのが有利か? という問題である。


 巷の自称『強者』――特に昔気質の打ち手――はここからとし、を安全牌として抱える場合が多い。


 ツモ ドラ


 受け入れ牌は(4枚)、(4枚)、(3枚)(4枚)と4種19枚と受け入れもなかなかである。

 なかなかである。とかエラそうに言ってるが、これは4種15枚である。いかん、足し算もまともに出来てない。tomatさん。わざわざ非公開コメントでこっそり教えてくださってありがとう。いいのよいいのよ。ネタになるからいいのよ。






 ではをツモ切った場合はどうであろう?

 ツモ ドラ


 受け入れ牌は(4枚)、(2枚)、(4枚)、(3枚)(4枚) の5種21枚――。注:5種17枚である。














ではないよね?
















 ドラ


 そう。という中含みの形はもう一方の雀頭を重ねても良いのである。


 つまり、この形の受け入れ牌は(4枚)、(2枚)、(4枚)、(3枚)(4枚)、(2枚)の6種23枚になるのである。注:違う! 6種19枚である!









 4種19枚と6種23枚。(違います。4種15枚と6種19枚です)種類にして2種、枚数にして4枚もをツモ切りした方が増えるのである。


















 私は最近気付きました

























10年以上麻雀やってきて、私は最近気付きました!!
































 もちろんどんな状況でもツモ切りが正しいわけではない。

 形としての状況では

 ツモ ドラ

 こんな形なら当然切りであろう。が埋まっても結局ドラが出て行き、しかもリーチのみの手となってしまうからである。








 ツモ ドラ

 この形なら最終形の最小値でもリーチ・タンヤオ・ドラ1と5200あるし、どのツモでも最終形が両面聴牌を取ることができる。しかもツモれば満貫である。

















 他にも点棒状況、場況などがあるだろう。その時、「なんとなく」でを安全牌に抱えてを切るのではなく、その時の打理由を残せるようにしよう。



 それは自分なりの解釈と考え方で構わない。だが「なんとなく」だけはだめである。

 


 他人に説明できる自分なりの考え方をしっかり抱えて、も切れるようになりたいものである。


 ランキングに参加いたしました。
 その日勝ってたらぜひクリックしてやって!!

$481.5 → $468.7

テーマ:麻雀 - ジャンル:ギャンブル

  1. 2006/01/29(日) 11:50:52|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

「ご祝儀ご祝儀♪」

 雀荘NETには基本的に『ご祝儀』が存在しない。



 巷のフリーにはご祝儀が存在する。一発、裏、赤などにそれがつく。
 他にも『ポッチ』と呼ばれるそのお店のキャラクターなどが描かれた牌が一枚入っており、それをリーチ後にツモるとオールマイティ&ご祝儀。なんて店もある。


 中にはゴールドやら緑やらあるらしいが、さすがにそれは見たことがない。





 だが雀荘NETには基本的にそのような祝儀はない。










 しかし、雀荘NETにも形こそ違うがちゃんとご祝儀が存在する。

















 それが役クリアご祝儀















 雀荘NETでは現在牌譜を閲覧する機能は存在しない。だが、『容易に閲覧する機能』がないだけで、データは逐一記録されているようである。

 そのため、このような記録がきっちりと残る。








































 これが私の今までの和了りの種類である。

 そしてここに雀荘NET独自の――いや、ネット麻雀独自のご祝儀が設定されている。



 ネット――というよりコンピュータというシステムは逐一記録が『正確』に、そして『自動的』に残る。

 それを利用したご祝儀システムがある。



 それがクリアご祝儀である。















 クリアご祝儀とは、想定された役をクリアするともらえるというもので、先ほどの画像で言えば1翻役10種、2翻役12種――などである。






 私は今まで500戦ほど参戦しているが、今だ達成できない役がある。






















1翻役ですらある!































 それが――



























槍槓































嶺上開花


























 搶槓(ちゃんかん)――とルビ打ちしなければならないよーなこのマイナー役! これは相手が加槓した場合――。つまり


 ポン ツモ


 こんな時に更に『カン!』と言って牌をくっつける。このくっつけた牌であがる事を言う。


























できるかぁ!!
























 基本的にこの『槓』という行為はあまり自分に有利にならない。特に加槓、明槓は論外だ。なぜなら自分は裏ドラの権利を放棄し、なおかつ相手にドラを三枚(カンドラ、裏ドラ、カン裏の三種)提供することになってしまうからだ。


 そんなことは、この雀荘NETのお歴々なら――





ぼうず「カン!(加槓)」
*●●●*「カン!(加槓)」
















ぼうず&*●●●*「カン(加槓)カン(加槓)カン(加槓)カン(加槓)カン(加槓)カン(加槓)カン(加槓)カン(加槓)カン(明槓)カン(加槓)カン(加槓)カン(加槓)カン(加槓)カン(加槓)カン(加槓)カン(加槓)カン(加槓)!!!




















 ぬおおおおお! 私が積み上げてきた麻雀観がああああああ!?


















 あっ!






















 さりげなく明カンまでしやがった!!















 ……えー。まぁチャンスはイッパイあるので、運次第でどーにかなるさ




















 だが次はそうはいかない。嶺上開花である。



 これもまた嶺上開花(りんしゃんかいほー)とルビ打ちしなければならないようなマイナー役だが、これは自分が槓をし、そして嶺上ツモでツモ和了りをするとつく役である。


 この役も狙わないとできない役の代表みたいなもので、まず牌を四枚もってきて、なおかつ『槓』をしなければならない。




 私は基本的に加槓、明槓をしない。





ぼうず「カン!(加槓)」
*●●●*「カン!(明槓)」







 ………や、やらない。











 上記で言ったように相手に大きなメリットを与え(リーチ者にはドラ3枚増え)、なおかつ自分のメリットは少ない(ドラ1枚増え)のでやらないのだ。




ぼうず「カン!(加槓)」
*●●●*「カン!(明槓)」







 だからやらんっつの







 私が槓をする場合はほとんどがリーチ後の暗槓のみ。


















 それが引けなきゃだめですか!!




















 ううん。現在ならボーナスマネー(ゲーム代に使用できるマネー)20$という美味しいマネーなのだが、当分は無理そうである。
























 ちなみに2翻役12種なら100$のボーナスマネーが貰えるのだ。



 そして人和以外の通常役26種をクリアすればリアルマネー1000$























 そして役満14種クリアならばリアルマネーで50,000$!!























 五万ドルですよ旦那!!


























 まぁ、






























一生かかっても無理なんだけどさ





















 四槓子とかさ、どこまで幻な役満よ・・・。


$464.7 → $481.5

テーマ:麻雀 - ジャンル:ギャンブル

  1. 2006/01/28(土) 10:27:20|
  2. 雀荘NET
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:7

「精神リフレッシュ法」

 毎度おなじみ雀荘NETでの一コマ。


 






 オーラスのラス目。トップとは20000点超えの差でまず無理。二着も12000差。三着が4000点圏内にいる状態での北家。






 配牌を取ると――






















 となんとも泣きたくなってくる配牌である。











 しかし「こりゃ無理じゃねぇか」とサジを投げてしまってもなんら良い事はない。








 麻雀で最近強く意識するのはイライラしたら負けであるという事。

 別にその一試合だけで決まるわけじゃないし、トータルで浮いていれば良いはずなのに、その一つの出来事だけで「なんじゃそりゃ」「ツイてない」とサジを投げてしまって結局自分から落ちて行く――そんなパターンをもう何度も繰り返してきた。







 しかし雀荘NETではそうも言ってられない。ちょいとでも気を抜けばあっという間に置いてけぼりにされてしまうような面子ばかりなのである。自分から落ちる――なんてヌルい事を言うまでもなく周りから投げ飛ばされてしまう。














 そこで最近ちょっとしたリフレッシュ方法を試すようになった。

















 それは――


























ノッポさんリフレッシュ




























 『できるかな』という番組があったのをご存知だろうか?

 昭和46年(1971)から18年間続いた幼稚園・保育所向けの工作番組で、身近にあるものを使ったアイディア工作、ノッポさんとゴン太くんのユーモラスなやりとりが人気の長寿番組であった。



















 ああ。あのおにぎり美味そうだったよなぁ・・・























 知ってる知ってる? ゴン太君って100円玉だけじゃなくて、1000円札も使ってたことあったんだぜ



















 昔見た工作で面白かったのは――


























 じゃなくて

























 話を戻そう。私は最近ちょっとでも『イラッ』ときそうになったら、この番組で流れる『できるかな?』という音楽を口ずさむようになっていた。




 先ほどの配牌を見てみよう。















 非常に遠いが、チャンタ・三色・役牌辺りを狙う事が可能な配牌である。もっと遠くを見れば国士だって不可能じゃない。


 「やってられるか!」と投げだしては勝つ可能性は0だ。なら遠くてもそれをとりあえず目指して見る。

 その時に「でっきるっかな♪ でっきるっかな♪」と口ずさみながら打つのだ。
















 でっきるっかな♪

 






 でっきるっかな♪

 













ハテハテフム~~~ン♪















 でっきるっかな♪

 








 でっきるっかな♪

 























サテサテホホ~♪





























 結局この形まで伸ばせたが、




 ここで打った中をトップ目に鳴かれ、2順後1000点の速攻で終了となった。





















 だが「できるわけねぇじゃん!」とサジを投げてしまうよりも「できるかな?」とワクワクしながら打つのでは、次局の心構えは全然違っていた。


 結局この日は次の試合3着。そしてその次は2連続トップ。そして最後は2着1回とトータル浮きでまとめることができたのである。















 気持ちを切らさず維持する―どんな技術よりもこれが最も難しく、また重要なものであると思う。
 皆さんの「俺こうやって切り替えてるよ」という気持ち維持のテクニックがあったら、ぜひ教えて欲しい。


 コメントで大量募集である!!

$517.7 → $464.7

テーマ:麻雀 - ジャンル:ギャンブル

  1. 2006/01/26(木) 21:16:33|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

「やっぱりこっち?」

 先日の会心の1000点でのお話で、ご意見をいただきました。






 ポン ツモ




 これっすね。


 ご意見とはこれから切りでいいんじゃないか? というご意見です。





















ぬおっ!!
























そうだよ! いいじゃん!





















 後々は危険となる牌だし、先に切っておいても――

















 いや。待て待て。






















 もう一度考えてみませう。

 ポン ツモ

 この形から。

 ポン ツモ

 か

 ポン ツモ


 というわけですよね。

 つまり、後々危険牌になる意味があればよいわけです。





 この時私は「おお! これってオバカミーコに出てたんだぜ! これって切りが正しいんだぜ!」と、それだけで切りました。
























とか夢にも考えませんでした ごめんね!


















 ――では、改めてこれを考えてみましょう。

 ポン ツモ





 えー。これから打の場合、最終形は萬子で2面子。索子で1面子作ることになります。

 会心の1000点はその通りになりましたが、これ索子で2面子でもいいんじゃないかと思うのです。


 打の後、もしここにをツモれば――


ツモで

 ポン







ツモで
 ポン


 となります。





 特にのツモ

 ポン

 は最終形も強い連続形です。これは美味しい。






 この

 ポン


 の例では、萬子で強い部分は


 ポン

 ここになります。ですのでこので萬子1面子。

 そしてを引いた場合の



 か、を引いた場合の



 で2面子でもいいのではないでしょうか?






















 最初に戻りましょう。

 ポン ツモ


 ここから を切った場合――。

 ポン

 受け入れは(4枚)、(4枚)、(4枚)、(2枚)、(4枚)、(4枚)、(4枚)の26枚の形になります。


爆走MM麻雀日記のMMプロから更にご意見を頂きました。

 この形から更に(3枚)、(3枚)でも良形を維持できるというものです。おお、なるほど!

 こーゆーのとか
 ポン

 こーゆーのね。
 ポン






 特に索子が伸びた場合、最終形がかなり強くなる可能性があります。

 ポン

 ポン

 ポン



 どれも最終形が良い形になります。萬子で2つ面子を見た場合、最終形がカンチャンになる可能性がありますね。

 ポン

 ポン


 ですので、最終形を強くする可能性を残すために、を残すのはよいのでは? と思うのです。



















 対して切りの場合――。

 ポン


 受け入れは(4枚)、(4枚)、(4枚)、(4枚)、(4枚)の計20枚となり、更にを自摸った場合結局は出ていってしまいます。



爆走MM麻雀日記のMMプロから更にご意見を頂きました。こちらも(3枚)、(3枚)でも幅が広がりますが、切りに比べると若干弱いようです。

 ポン ツモ

 結局は余剰牌になっちゃうんですね。










 結論――将来的にリスクがあるですが、索子の伸びを考えて持っていてもよいと考え、やはり切りが良い。という判断になりました。








 しかし――





















切りが正しいぜハッハー
























 の意味をまったく考えてなかった私も反省しなければ!!

















 いやー。改めて考えさせられる手でございました。ご意見ありがとうございました。

$490.2 → $517.7

テーマ:麻雀 - ジャンル:ギャンブル

  1. 2006/01/25(水) 22:32:43|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:7

「お久しぶりです。フリーです」

 このお話をするのは少々心苦しいものがあります。




 それでもよい。と仰る方だけ読んで下さい。


















[「お久しぶりです。フリーです」]の続きを読む

テーマ:麻雀 - ジャンル:ギャンブル

  1. 2006/01/24(火) 20:55:52|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

「回線速度」

 雀荘NETにて一番大事なことはなにか!?










 技術?












 ノン!















 手順?














 ノン!






















 判断力?





















 ノン!!



















 大事なもの。それは――


















 回線速度





















 雀荘NETとはネットで行う麻雀である。当たり前であるが。
 ってことは結局、安定したネット回線が必須ということになる。



 最近私が契約しているヤフーBBのヤツは時々ご機嫌斜めになる。




















 しゃっち(しょっちゅう)なる









 回線が切れた場合、牌はオートツモ切りになってしまう。またテンパった状態であってもロン、ツモはなされず自動的に牌は切られてしまうのだ。

 雀荘NETではプログラム、サーバ等の不具合には対応してくれるが、自己の回線問題は当然自己責任である


















 先日こんなことがあった。















 東一局の親番。私は対面さんから連続で親マンをゲットし、対面さんを残り700点にまで落した。そして東一局2本場――。









 ドラ


 上記の手を軽くテンパイ。即リーチと踏み切った。ツモればそこで対面をトばして終了だ。












 対面さんは東風荘でもトップクラスの腕前と聞く!!












 ふっ! 対面さん! 私が勝ったら負けましたってサイン頂戴ね! そしてそのサインを我がHPにさぶつっ
























 あのな























 慌てて復活処理を行い、戻ってきてみると――







































 fjkさd;jふぁ;んsめいr;あえうぃうfmかおsd;うりあうぇお;もあ;えじふぉあsdjkfまえいお;fじゃいお!!!!????
















 出てるし!!


















 ツモってるし!!


















 その後役目を終えたと言わんばかりに調子が戻る回線












 結局東一局で終わってるはずのこの試合。下家の涙の紋章さんに2000~3000点差まで怒涛の追い上げを見せつけられることになる。最初の貯金が効いてからくもトップで逃げ切ったものの、釈然としないものであった。












 皆! 回線の調子には気をつけろ!!



$413.5 → $400.7

テーマ:麻雀 - ジャンル:ギャンブル

  1. 2006/01/23(月) 21:46:11|
  2. 雀荘NET
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

「一牌の怖さ」

 毎度おなじみ雀荘NETでのお話。


 東二局の親番でこのような手で進んでいた。


 


  ツモ


 ここで当然落しを選択。


  ツモ 


 だが即座にを引いてしまって、ツモ切り。




  ツモ 




 同順に下家がを切った。



 そして次の順目、私のツモも

















ここでミスを犯した。


















 雀荘NETでは牌を切る時、二回クリックをしなければならない。一度目のクリックで準備となり、二度目で切る。謝って切らないよう、ツーアクションによるミス防止がついているのである。

 そのため私は次に切る牌をと準備してしまっており、ツモ切りではなく、手拍子で打としてしまった。


  ツモ










 すると対面からのリーチが入る。




 ここまでだいたい分かると思うが、対面には現物では通っていない。







 嫌な予感を感じつつ、次順をツモって勝負。


  ツモ




 あんの条待ちで、リーチ・一発・タンヤオの5200を献上してしまう事になってしまった。





 一つの牌を一巡早く切るか遅く切るか。それで大きく変わってしまう――とよく言われるが、実際にそれを体験できる場というのは少ない。

 しかし雀荘NETで打つ面子には、その『一巡の後先』で痛い目を見るのがしょっちゅうだ。


 このヒリヒリするような麻雀。堪えられない。

 本日は久しぶりにフリーでの麻雀のため雀荘NETでの試合は無し。

$413.5 → $413.5

テーマ:麻雀 - ジャンル:ギャンブル

  1. 2006/01/22(日) 21:05:42|
  2. 雀荘NET
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:5

「会心の1000点」

 先日雀荘NETにてのお話。





 オーラスのトップ目。こないな手の形で。








 ポン ツモ
















 おお! こ、この手は!!
















 これ、マンズのどれを払うかって話なんですよね。








 まぁ、かどっちかってことになりますよね?




 けど、これに私は明確な理由を持って切れました!









 実はこれ、『打姫オバカミーコ』の第三巻に出てくる形なのでして、それがそのまま出てきたので思わず「おっ!」と唸ってしまいました。





 これは打が正解なのです。


 なぜならば先にを引いてきた場合、二つのカンチャン受けに構える事ができるからです。




 ツモで


 ツモで





 ふふ。ふふふふふふ!!










 次順――









サクッ














よし!!














 もしを切っていたらここで打となり、となるところでした!






 悠々とを切り、この形へ。


  ポン ツモ




 次順をツモり、打


  ポン ツモ









 即座にが出て会心の1000点でトップ終了。



 今回の例ではの切り順でも結果は変わらなかったろう。


 だが、打牌に完璧な意味を持たせられた事がなにより嬉しかった。






 完璧な手順での1000点。それは偶然あがったマンガンより何倍も嬉しかった気がする。


$331.7 → $413.5

テーマ:麻雀 - ジャンル:ギャンブル

  1. 2006/01/21(土) 16:14:02|
  2. 雀荘NET
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

「雀荘NETの入金までの流れ」

 雀荘NETで賭けれる麻雀に入れるまでの流れ。


1.IDを取得する。

 まずこちらでIDを取得しましょう。すぐ終わります。






2.プログラムをダウンロードする。

 次にこちらで雀荘NETの麻雀プログラムをダウンロードする。インストールのやり方もイラスト付きで紹介されています。まぁ普通に次へ次へですぐ終わります。






3.入金ドットコムで入金する。
 そしていよいよ入金です。入金するには入金ドットコムを利用するのが一番いいでしょう。

 普通の銀行振り込みで支払いできます。別にどの銀行からでもいいですし、振りこむだけなのでその銀行の通帳を作る必要もないです。ATMでの操作だけで終わります。

 まずこちらを読んでルール確認。そして一番下のお申し込みへをクリック。

 以下のような画面が表示されますので、必要事項を入力。



ton(060120-050016-00).gif




 別に難しいことはなく、「あなたのお名前は?」「何日にいくら振りこむのか?」「雀荘NETで登録したIDと表示名はなにか?」を答えるだけで済みます。






4.振り込む

 送信が終わってしばらくすると、入金.COMから「振り込んでよかよー」とメールが届きます。このメールは一日以内には届きます。
 そこに銀行口座が書かれていますので、近所の銀行ATM等を使って振り込みましょう。

 この時振りこみ名は必ず『入金ドットコムで入金する。』の項目『お振り込み人のお名前』で入力した名前を入力しましょう。





5.終了

 これで終わりです。一応「振り込んだけんね」と入金.COMにメールを送ると処理が早いですが、基本的にはほっといて大丈夫。一日ほどで「ご入金確認 及び 換金レート のご報告」という題名でメールが届きます。

 その時の円相場で若干変わりますが、だいたい1$=115~120円程度でしょう。

テーマ:麻雀 - ジャンル:ギャンブル

  1. 2006/01/21(土) 00:52:07|
  2. 雀荘NET
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

「アガラス」

 まいどおなじみ雀荘NETでのお話。






 私が40000点持ちのトップ。二着が34000点持ち。そしてオーラスの親番、私は以下の手をテンパった。














 オーラスのトップ目ではあるが即リーチ。3着目が23000点だったので親マン打ちで順位が変わるため、二着が引くと判断して圧リーチに行ったのだ。







 だが、同順3000点持ちのダンラスがリーチ。嫌な予感がしつつ牌を切ると――























 ロン。



















パタッ



 裏ドラがとなり、リーチ一発裏2のマンガンで、トップが変わってしまったのである。






 その時の私の心境――








































 てめーふざけんななんだその手なんだよのみ手じゃねーかよそれでリーチかけるのかよ信じらんねぇなんだそれペンチャンってなんでそれで一発なんだよ裏なんて必要ねーよ乗るなよってかなんでお前がリーチのみでツッパってくるんだよてか順位変わるあがりすんじゃねぇよあっけてぇwんじゃtlk;sjkrゎえhjりあんkjだ;lfじゃsklhrjdhjfkdさんfjだklhrjdかlhfjだklhrじゃk―――――!!(言葉にならない)――――!!!(ほぼ獣)――――――!!!!!!!
























































 結局、ビースト人形はその日100$近く溶かしてしまいましたとさ。












 んで数日後――いや、数日経たないと冷静に考えられんでよ――改めてあの状況と、あの状況でのあのリーチ、そしてあのあがりを考え直してみた。





 麻雀の中でよく使われる言葉がある。

「トップ争いに迷惑をかけない」
「順位が変わらないようにあがる」
「逆転の目がないので大人しくしている」

 私はこの言葉が好きである。これを守って打っていると、信頼できるゲームができる気がするからである。









 だがしかし、







 実際にお金を賭けて打っている状況ではどうだろう? 上の例でなら親のリーチ。ベタオリしてても自摸られると更に出費が増える。この状況でリーチをかけているのだ、当然良形だろう。少なくともツモあがりで2000オールからマンガンまであると考えるのが普通だろう。

 つまり、点5卓なら更に1$~2$出費が増えることになる。














 それを阻止するというのも立派な戦術ではないだろか?














 上記のペンチャンリーチはやりすぎだとしても、アガラス――という行為には他者のあがりを阻止し、自分の負け分を減らすという立派な理由がある。





 2000点でも1$の出費を押さえられるのだ。












「鳴かせた奴が責任を取れ」
「ラス者は他人の順位を変えるあがりをするな」

 ご高説をのたまっているオヤジ達は、たいてい自分も似たような事をやっているものだ。

 雀鬼流のようにそれがルールにまで昇華されていればよいのだが、巷のフリーでそれが望めるわけもない。






 なら、とことん自分本意でいいのではないだろうか?

 相手の和了りを「なんじゃそりゃ!?」と批判して良い事など一つもない。冷静さを失って結局負けにはまるだけ。
 なら、「それも立派な戦術」と認め、精神の安定を図った方がよほどいい。




 アガラスという行為。この1$という出費をしっかりと押さえていける人が、トータル的に浮きに回れるのかもしれない。

$204.7 → $214.7

テーマ:麻雀 - ジャンル:ギャンブル

  1. 2006/01/20(金) 03:01:27|
  2. 雀荘NET
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

「晒された!!」

 今日アクセス解析を何気なく見ていると――















げっ! 2chにうちのアドレス晒されてる!


 これはピンチです! やばいです!

 荒しとか来るかもしれんっ!
 中傷コメントとかくるかもしれん!
 なんか対策立てないけん!!






















なんもありませんでした。





































自意識過剰でした。ゴメンナサイ




















 ……まーそーだよね。こんな弱小ブログいじめたってなんも特ないよね。
 けどまぁ色々なご意見があるもんだ。わたしゃ2chは好きじゃないけど、こういう意見は貴重だねぇ。

 賭けれるってのはやっぱ怖いよねー。

 あー。やっぱり出金時の手数料$30は高いよなぁ。

 あー。赤の有る無しでの戦術の違いかー。


 あとは……お?









 これは最近のものじゃないけど、戦績上位者の簡易プロフィールみたいなものだね。

 へー。やっぱり他のNET麻雀から来てるもんだ。おお、だいたい知り合いになれた人ばっかりだ♪














ぼうず ハンゲトップレベル ブンブン麻雀
しーじゃ 東風?
涙の紋章 東風有名人 12月期王者
*●●●* 東風勝ち組 どらみ
鉄拳 東風多重経験者 漆黒の怨念
とりさん 東風トップレベル
tくん 東風勝ち組 午後ティー
氷室 東風トップレベル
人形 東風?































人形 東風?




































だれこれ? ってことだな。これは
























 ……ふ。しがない東風荘R1600代ですからねぇ。超ラン卓にも行ったことないですしぃ。(石蹴り)





















誰も僕の事なんて知らないのさ


















 えー。さてさて、先日書きました。見なおしてみようですが、反応がありました。






 メッセンジャーで。












 おいおい。コメント書けよ。賑やかにしてよ
























 この照れ屋さん




















照れ屋「なぁ、昨日の日記なんやけど」
人形「おう。どだった? 面白かった?」

照れ屋「いやそれはいいから
人形「よくねぇだろ
照れ屋「いいから。んでこれなんだけどね」



人形「これがどうした?」
照れ屋「これさ。でも和了れるんだが



人形「へう?










 カッチコッチ









 カッチコッチ
            











 カッチコッチ
  









人形「…………おお」
照れ屋「おおじゃねぇだろ」





 もっと形の勉強をしなきゃだめなのである。


$268.7 → $204.7 絶不調!!

テーマ:麻雀 - ジャンル:ギャンブル

  1. 2006/01/18(水) 23:19:24|
  2. 雀荘NET
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:0

「見なおしてみよう」

 先日オートロン機能でのお話。


 この手配についてご意見をいただきました。






ichinosemoe>私それ100%ロンします(笑)
しーじゃ>リーチまである




















 おいおい夢がねぇなぁ





















 四暗刻だぜ!? スーアンコ!!! 役満だぜ!? ヤクマン!!









 こないな手をあがってるようじゃ――































あれ?

































ちょっと待ちなさい。




























いやまってクダサイ!























ichinosemoe>私それ100%ロンします(笑)


























ichinosemoe>私それ100%ロンします(笑)























ichinosemoe!?



















 コメントに張ってあるURLをクリックしてびっくり。


 おおおおお!! 巨乳キャバ嬢プロ雀士、一ノ瀬萌さんではないですか!?




 一ノ瀬プロのHPはこちらへ。




 一ノ瀬萌プロ――巨乳キャバ嬢プロ雀士という――、







 いくつものストライクゾーンを持った方です!!







 だがただそれを売りにしているわけではなく、ブログの方も刺激的な内容であり、現在の麻雀界にたいしてもブログという媒体を使って堂々と意見するお方です。スゴイ人です。






 でも、あれ?
 もしかして……これって……


















 プロからの貴重なご意見じゃん?


















 おいおい。私もいよいよプロの意見を取り入れたブログにバージョンアップか?















 プロのご意見となれば無視できますまい。もう一度この手配を見てみましょう。



 以前にも記述した通り、でこの手は四暗刻になります。


 だがしかし、

 確実に四暗刻になる手は、これではしかないわけです。


 だと






 だと




 この形。自摸れば四暗刻ですが、出あがりだと対対三暗刻で満貫しかないわけです。


 確実なのはツモの



 この形のみ。他はツモらなければ出あがりで3200から8000へアップするだけなのです。










 この形のあがり牌はの1種4枚。


 対して



 はの2種4枚。






 ならの2種4枚


注意:と、書いてますが嘘ついてます。本当はでも和了れますので、3種5枚です



 まずあがりの枚数は変わらない。そして、このをツモらないとこの形にはならないのである。


 牌34種のうち、この2種6牌をツモらなければ、ツモり四暗刻、出あがり三暗刻の形にならないのである。しかもどちらも2種4枚とたいへん狭い。

 結局、四暗刻の可能性がある牌はの3種6枚。そして本当に優れているのはのみの1種2牌なのである。



 ……なるほど。ヤクマンという絶対値の高さにばかり注目していたが、その形になる可能性は非常にすくないわけか。

 を暗刻で抱えているのでは使いづらい。リーチを打てば6400。




 なるほど、「必ずあがる」という一ノ瀬プロの言葉ももっともだし、「リーチ」というしーじゃ氏の言葉にも説得力がある。




 ……でもなぁ、ヤクマンだしなぁ……。そーゆードラマチックを狙う辺りが負け組であり続ける所以なのかなぁ……。


$346.9 → $268.7

テーマ:麻雀 - ジャンル:ギャンブル

  1. 2006/01/18(水) 00:20:24|
  2. 雀荘NET
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

「オバカミーコ」












『打姫オバカミーコ』という麻雀漫画をご存知でしょうか?


 麻雀漫画界の大御所、片山まさゆき氏が手がけている漫画なのですが……





























 ぶっちゃけ今まで読んだ戦術書で一番ためになる

























 一番ためになったのが漫画ってどーゆーことよ?






















「初・中級者向けのお薦め戦術書がない! なら俺が描く!!」

 という思想のもと、始まったらしいこのオバカミーコ。

「ああ。なるほど」と納得できる漫画ならではのイラスト豊富な丁寧な説明と。

 ミーコの戦術守らんでも勝つときゃ勝つけんという麻雀の不条理さも面白おかしく描かれています。







 今まで読んだ戦術書はどこか感想文的な要素が多く。

「私はこういう事があった」
「私はここはこうしたがこうなった」


 といった感じでどうもしっくりこなかったのである。






 とつげき東北さんの『科学する麻雀』に描かれた戦術は新鮮だったのですが





















わしゃアホじゃけぇ計算式分からんったい。














グラフも折れ線グラフくらいしか知らんったい。



















 と、脳味噌が「あんたにゃムリ」フィルターをかけ、せっかく書かれた戦術の半分も身につかなかった気がする。














 なんいしろイラストたっぷりで、そして他の戦術には描かれない痒いところに手が届く部分が描かれたすばらしい作品だと思う。




 ぜひ読んでみて欲しい。



 本日の大ボケミス。雀荘NETにてこないな手を張った。

 ドラ ツモ


 ここからなぜか三色を意識してなぞを切ってしまい。



 この形へ。ここはノータイムで切りでしょう。

 あんの条次順が来てそこから切り。


 


 本来ならこの形でリーチが打てている




 即座にが出ていた。リーチをかけてもおそらくすぐ出ていたろう。

 大反省。




$295.4 → $346.9

テーマ:麻雀 - ジャンル:ギャンブル

  1. 2006/01/17(火) 04:05:09|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

「オートロン機能」

 ちょ、今忙しいから!





























 話しかけないで!!


































 はぁ・・・はぁ・・・熱い。熱いぜ。早く、もしくはをツモりやがれ。




















ペシッ






















 ふ。誰がそんなんであたるかよ





















ロン




































あれ?





















ロン


 サンアンコーのみ。3200点です。



















 ノオオオオオオオオオオオオ!!!!




















 …………えー。雀荘NETには『オートロン機能』というものが搭載されています。

 以前はデフォルトでオートロンだったのですが、現在は選択式になっており、デフォルトは任意ロンが必要です。

 ですが自分がトップ状況になったり、場が平な時は必要ないため、半ば習慣でオートロン機能をONにしてしまいます。

















 んでこげなクズ手あがります




















 経験から言うと、オートロン機能。そして鳴き無し機能は余りONにしないほうがいいかなぁというのが私の感想。

「しない」という命令は即時送ることができるのだが、「する」という命令は一度ボタンでON/OFFしなければならないからだ。

 終盤で形テン取りたいときに、鳴き無しモードにしていることによって鳴きそびれたり、ツモっても倒したくない時にオートロン機能で倒してしまう。




 「ロンしますか?」「鳴きますか?」といちいち問うてくるのがネット雀荘での絶対避けて通れないネックだろう。


 ここでこまかく「いいえ」とクリックできる者が、長いスパンで勝者たりえるのかもしれない。

$283.4→$295.4

 雀荘NET戦記第一話はこちらからどうぞ。

テーマ:麻雀 - ジャンル:ギャンブル

  1. 2006/01/16(月) 01:29:33|
  2. 雀荘NET
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

「トップとラス」

 現在、雀荘NETにて。


 どっぷり漬かったNETでの金銭を賭けた麻雀。



 この味は格別なものがあり、またすばらしい強者と戦えるどんなフリーにもない場所である。

 そんなこんなで200ゲームほど消化。






 ここでふっと思いついて計算をしてみた。







 0.5フリーの基本的な雀荘の場代はワンゲーム300~400程度。これを200ゲームこなすと場代は60000円~80000円になる。










 …………。


























ろくまんえんからはちまんえん!?






















 200ゲームって結構な回数だけど、うわーそんなに金がかかるのか。




 対して雀荘NETの場代は1$。現在は120円くらいだろうか。



 これを200ゲームおこなうと場代は24000円となる。









 その差約36000円なり。










 うーむ。これはでかい。やはり場代が格安というのは魅力である。














 んで長いこと打ってると、だんだんと戦う『コツ』のようなものが分かって来た。







 それは、ラスってもいいからトップを狙えということである。








 こういうデータを用意した。



着順 2 $+4.5
着順 2 $+3.5
着順 1 $+23.5
着順 1 $+26.0
着順 1 $+22.5
着順 3 $-10.5
着順 4 $-16.0
着順 1 $+24.5
着順 4 $-17.0
着順 2 $+4.5
着順 4 $-17.0
着順 1 $+21.0
着順 1 $+22.5
着順 4 $-21.0
着順 2 $+4.5
着順 1 $+21.5
着順 3 $-8.0
着順 1 $+24.5
着順 3 $-9.5
着順 4 $-16.5


 なんだか細かい数字の羅列でもうしわけない。これは私の20試合分の成績を並べたものである。






















 いいとこ抜粋しました!





























 それでこの程度かとかゆーな



















 まぁさておき、この成績を見て、なにか気付く点はないだろうか?

 なにが言いたいかと言うと、着順時の損益に注目してもらいたいのである。


 上の例だと、トップ時の収入は約20$前後。二着時は4$前後だろうか。
 対してラス時の収出は約-18$前後。三着時は-8$くらいだろう。



 ここで気付くことは。


 (トップ時の収入)-(ラス時の収出)はプラスだが、


 (二着時の収入)-(三着時の収出)はマイナスという点である。














 これはよく考えれば当たり前のことで、基本的にフリーの雀荘はスタート時25000点でスタートし、決算は30000点を基準で行う。つまり全員-5000点からのスタートになっているのだ。ならその20000点分はどこに行くか?






 当然トップに行くのである。これを『オカ』と言う。



 麻雀でよく『ウマ』――着順時に付け加えられるボーナスに着目する事は多いが、最初から用意されているボーナスには無頓着な人が多い。

















 結論を言おう。つまりラス率を上げてでもトップ率を上げた方が特ということなのだ。








 10試合やって

トップ:2割
二着 :3割
三着 :3割
四着 :2割


 だとトータルでマイナスになるが



トップ:3割
二着 :2割
三着 :2割
四着 :3割



 これならトータルでプラスになる。






 基本的に麻雀というゲームはトップに優遇されているルールなのである。





 リスクに負けず高みを目指した者だけが勝者となりえるのである。



























 まぁ・・・・































ton(060115-043925-00).jpg


 この成績を正当化させたいだけなんですけどね。


$211.4→$283.4

テーマ:麻雀 - ジャンル:ギャンブル

  1. 2006/01/15(日) 04:42:42|
  2. 雀荘NET
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

「イカサマだ!!」

 本日の雀荘NETでのお話。




 東三局の親番。私はポンチーを駆使してこないな手を張った。





  





 ドラはないが、ホンイツ・チャンタ・ダブ東で親マンである。











 ドキドキして上がり牌を待っていると、上家の涙の紋章さんからペシっとが打ち出される。







「やた! ロン!!」






 そう思って喜んでいるとなぜかそのままスルー

































Why?




















 そのまま局は進行し、結局下家のとりさんがタンヤオのみをあがる。




































 イカサマじゃああ!!

























 試合中に関わらず待合で騒ぎ立てる私













 待合で叫び(試合中)、エラー報告で打ちこみ(試合中)、リアルで目充血(試合中)。










 タイミングの良いことに、ちょうど待合で管理人さんがいらっしゃったので、そこでぎゃーすかぎゃーすかとあがれなかった旨を伝える。















 試合の方は結局TOPで終了することができたものの、あの上がりがあればもっと楽に勝ててたのは事実。私は猛烈抗議した!!!








とりさん「トップだったからいいんじゃないの(笑)」







 だまらっしゃい!!










 あのあがりが! あのあがりがあれば!!






 そこで管理人さんの丁寧な対応。



管理人「確認いたします。不具合が確認された場合、大変恐縮ですが無効ゲームとさせていただく場合がございます



















































!?



































お待ちください!!













涙の紋章「無効こい!w ばっちこい!w」
ルパイヤート「納得できないよね無効にしないと」








黙れい!!(鬼の形相)

















涙の紋章「まぁ バグを取り除くのはユーザーの務め」
















嫌です!(泣き顔)


























 とりあえず調べてみますとの管理人さんのお言葉を、まるで有罪判決を待つ罪人のような姿で待つ。


















 そして数分後――。













管理人さん「どうやら問題はないようですね」
人形「そ、そですか!?」
管理人さん「ええ。大変申し上げにくいのですが、ゲーム卓からのロン可能情報に対し、Skipの信号を受け取るログも確認いたしました。












涙の紋章「……」
ルパイヤート「…………」
とりさん「………………」




























 氷のような視線が来てます!!















 本日の教訓――人の振り見て我が振り直せ。

$97.9→$211.4

テーマ:麻雀 - ジャンル:ギャンブル

  1. 2006/01/14(土) 01:46:12|
  2. 雀荘NET
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

「会心の2600」

 先日雀荘NETでのお話。


 オーラスの西家。5順でこのような手を張った。


 




 ドラはですでに三枚場に出てる。そしても同じく三枚。


 現在トップ目。
 このままでダマで終了をもくろんでいたら下家がラス牌のを切る。


 即座に無視の命令を送る。







 そして同順――対面の親がを打ち出してきた。













 その瞬間、私は勝利を確信した。







 即座にリーチを放つ。







 私は親の打を100%落しと読んだからである。







 親である彼は東風荘でもR2000を越すトップクラスの打ち手。ネットならではのラグからの推理を展開すると読んだのだ。






 ラグによってがないと分かれば、当然は落してくるだろう。




 そこを逆に読んだのである。




 相手が強者であるからこそのリーチ。



 相手がトップクラスであるからこその読み。

















 このリーチは相手への信頼の証なのです!
















 次順、親の「リーチ!」の掛け声、だが私は一切恐れることなく、ロンのボタンを―――

























 

ペシッ




























 押す事ができず大きょーふ

















 きゃー! きゃー! どしよ!? どしよ!?

 アワアワとびくつく私。


















 完全にチワワです!!

























 だが同順に南家がペシッとを切ってくれ、なんとかトップを維持。


 いやー。まさかラス牌のを持っているとは。










 本日の教訓。――マンガみたいにゃいかねって。


121.9$→97.9$

テーマ:麻雀 - ジャンル:ギャンブル

  1. 2006/01/13(金) 03:05:03|
  2. 雀荘NET
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

「雀荘NETで勝つには」

 すっかり入り浸りになってしまった雀荘NET。たちまちのうちに常連になってしまいました。








 そしてだんだんと分かって来たこと。
 ネット麻雀としてのスタイル。
 東風戦という短期決戦での仕掛け。
 ゲーム代激安という条件下でのラス回避 等など。




 さまざまな勝率を上げるテクニックを磨き上げ、フリーでは難しい『稼ぐ』ということが比較的容易になっています。





 そしてこの雀荘NETで一番大事なことは























 すばやく予約すること
























そらーもーすげー大事












































マジ大事

























 この雀荘NET。4名集まった時点でスタートし、それ以外の四人未満の人は待機状態になる。

・●●●●←打ってる4名
・○○  ←待機してる4名






 そして打ってる4名が終了すると、上の条件なら2名が次の試合に参加できるわけである。

・●●  ←入りそびれた2名。
・○○●●←試合開始。














 その手段は早いモン勝ち







 つまり、試合終了後に素早く終了処理を行い、そしてすぐさま次の試合への参加申請を行う。
 この速度が全体の試合数を上げると言っても過言ではない!!




























 しーじゃという知り合いがいる。この人はその予約速度がダントツに速い。






















 マジ速い


















 例えるなら光ファイバーとテレほーだいくらい速い。













 しーじゃ氏曰く。
「俺、予約で負けたことないね」


 と大変ムカつきやがるお言葉を頂きました
 人が必死に次戦予約のマウス操作をやってるときに、しーじゃ氏は小憎らしいアイツのよーな顔をして颯爽と予約してしまうのです!!
































 

アイツ。
hagaki.jpg













 その予約速度の違いが、現在の私としーじゃ氏の参戦数の差になっているような気がする。

しーじゃ氏:参戦126回
人形   :参戦107回


 この19回の差は、PCの速度と回線の速度。そしてマウス操作の熟練度の差ではないだろうか。


 今年で7年目を迎えたマイ・パソコン。必死にガッチャンギッチョン働く愛しい奴だが、そろそろ引退の時期なのかもしれない。


236.9$→121.9$

テーマ:麻雀 - ジャンル:ギャンブル

  1. 2006/01/12(木) 02:22:56|
  2. 雀荘NET
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

「勝率王!!」

 今朝雀荘NETを覗いてびっくり。



 














!?











ton(060109-201249-01).jpg











!?












ton(060109-201249-02).jpg











!?












ton(060109-201249-03).jpg























































 やたー! 大快挙です!
 まさかお歴々の方々との勝負で、まさかこんな称号がいただけるとわっ!!





 やったよ! 頑張ったよ!












天下取ったよ!!











友「早いな。貴様の天下ってのは」
私「おう。今日から私の事は勝率王様と呼びなさい」
友「なん? なんか記録作ったん?」
私「雀荘NETのTOPを見てみなさい!!」





友「なん?」
私「なんて・・・私の名前があるだろうが!!」
友「どこにぃ?」
私「おいおい貴様の目は節穴か? いいかね? 勝率王の所に――」









ton(060110-183259-00).jpg










誰ですかあなたは?











友「どしたん?」
私「短い・・・儚い夢であった・・・」





 あっさりとひっくり返される私。やっぱ皆スゴイネ。

165.3$→236.9$

テーマ:麻雀 - ジャンル:ギャンブル

  1. 2006/01/10(火) 22:11:00|
  2. 雀荘NET
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

「出金できたそうですね。」

 毎度のことですが雀荘NETのお話。

 みなもんさんのHP、涙の痕にて、雀荘NETにおいて出金が確認されました。


 とりあえずは一安心といったところでしょう。
 金銭面で不安を感じていた人も、これである程度敷居が低くなったことでしょう。


・ゲーム代が安い。重要!!
・他人のふざけた悪マナーを見ずに済む。
・タバコを吸う奴がいない。
・点棒の受け渡しは自動でしかも正確。



 フリーで遊んでいるのなら、5000円ほど試してみるのもテである。
 テンゴのフリーでも二回もラスればこのくらいのお金は消える。


 オヤジどものマナーに辟易しながら打つよりは、ずーっとマシな気がします。





210.5$→165.3$

テーマ:麻雀 - ジャンル:ギャンブル

  1. 2006/01/10(火) 03:39:54|
  2. 雀荘NET
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

「東風戦」

 雀荘NETにて連日の大勝。


 うれしいのだが、やはりまだ「勝たせていただいている」という印象が強い。
 だがそろそろトータルで100戦を超えようというところ、東風戦というのがだんだん分かって来た。



 最初に気づいたのが皆仕掛けが早いこと。
 最初は「ただ半分になっただけじゃないか」と思っていたが、どうやら東南戦とはだいぶ違うようだ。
 東風戦はスプリントレースみたいな感覚がある。


 全員スタートと同時に全力疾走。相手の様子をうかがっている暇があったら自分の手を先に進める方が先なのです。


 はじめた当初のワンパターンとして、こちらの体勢が整う前に勝負がついてしまい、そもそも土俵に立てていないという状態ばかりであった。アワアワと他三名の速度を指を咥えて眺めるだけだったような気がする。


 たまたま勝っても土俵で取り合ってる金星が転がり落ちてきただけという印象があり。奪い合うというところまでいけないのだ。

 1000点というあがりになにも恥じ入る必要はない。
 それは、相手の大物手を殺していることにもなるのだ。

 仕掛けを早め早めに意識し、普段は使いなれないバックも多用する。牌を絞るという発想がそもそも希薄なのだから、愚形部分はさっさと鳴いて捌いていくのだ。




 無論手変わりなど待たない。それよりもリーチで圧をかけ、相対的なスピードアップを図る。



 やっとこ、土俵の縁に指先がかかったような気がする。



112.8$→210.5$!!

テーマ:麻雀 - ジャンル:ギャンブル

  1. 2006/01/09(月) 06:03:21|
  2. 雀荘NET
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

「大復活!!」

 ふはははははははは!











 ぬははははははは!!!































 やったよそこの人!!
















 見れ!!
 ton(060108-053357-02).jpg















 ここに注目!!

ton(060108-053357-02-02).jpg















 やったよ! 頑張ったよ!








 いやー。頑張りました。

 0.1卓でチマチマとがんばって、なんとか27.8$まで復帰させ、じわじわ行こうと0.1卓で待っている私でしたが。















 人来ません





















 まだまだ始まったばかりでお客さんが少なめの雀荘NET、深夜二時辺りから立っている卓は0.5卓のみとなってしまうのが現状。









 …………
 ……………………。
 ………………………………。









 楽しそうだなぁ。


 しかも、今の私には0.5卓に入れるお金があるのです。




























 崖っぷち価格ですけどね。











 しかしこのまま0.1卓で待っていても始まりはしない。ここはいっちょ頑張ってみようとドキドキしながら予約。









 同卓者に「あ! 人形が来た!」などと弱った生き物を見るハゲタカのような目をされましたが、ここは踏ん張りどころです。

 負ければ再チャージorまた0.1卓生活です。ここは気合を入れます!









 少ない回数ですが打ってみて感じたこと。
 それは0.5で打っている面子は強者ですが、必ずしも運をいつも維持しているわけではないということ。

 そして敬意を表するのと、恐怖するのとはまた違うことということである。



 どうも私は名前におびえ、「彼だったらもうテンパってるだろう」「彼だったらこいつもありうる」などと、びくびくと降りてたように思います。

 プロであれ素人であれ、ツモは一緒。



 注意することと逃げ惑うことは違います。そこをキモに据えて打っていく。








 それでもフリーや仲間内などとは違う鋭い攻撃とスピーディな仕掛け。





 そして「頭を下げてしまえ」と言わんばかりにこちらのリーチにもなんでもボンボン突っ張られます。




 










 リアルでチワワんごたぁ震えながらマウスをクリックする私














 そして――TOP4回。二着とラスが1回の好成績でまとめることができたのでした。








 さぁ! 明日から0.5ライフだ!







 23.3$→112.8$!!

テーマ:麻雀 - ジャンル:ギャンブル

  1. 2006/01/08(日) 06:18:52|
  2. 雀荘NET
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ちまちまちまちま

 ちまちまと0.1卓で業績を伸ばしている。


 だがまだまだ黎明期の雀荘NET、1000点10円卓というのはなかなか始まりません。


 それでも打ちませんか~とメッセージを送りつづける。







涙の紋章>人形さんちょっと背伸びして 0.5卓へ

















 なんか言ってますが無視です




 そもそも私はテンゴ卓に入れる最低保証金額である26ドルに届いてないのです。現在じわじわっと伸ばして17ドルなのです。








涙の紋章>じゃ、人形さん 0.3で打ちましょうか?










・・・・・・・・む、無視だ!(揺れた)






 0.3卓の最低保証は15.8ドル。つまりトビラスならそれだけの金額が減るということ。























 一発こっきりのギャンブルなんて御免です!!

























涙の紋章・しーじゃ>よろしくー
人形>・・・・・・。














 強者と打てる魅力には勝てんとです。















 気を取りなおしてツワモノどもと0.3卓へ。今までの経験上、ここで「なるべく減らさないように」なんて考えはよかったためしがありません。

 飛んでもいいぜ! の気合を注入し、親のダブ東ドラ鳴きにもリーチで果敢に突っ張っていく。







 今日は調子が良いらしく配牌がいい。

 だがそれでもお歴々は強い。こちらが遅いと思えば果敢に攻め立て。リーチにも全ツッパ。そしてこちらに良い手が入った時は速攻の食い流しをされたりと、やはり押し引き、そして受けが絶妙である。


 のんべんだらりと手役を追うのではなく、相手のスピードに合わせた手作りをしないと間に合わない。押し引きと、『引き』で恥などと思わず引く時は徹底的にベタオリする。




 結果――なんとか連続二着をモノにする。だがあれだけの配牌をいただき、なおかつ必死に打っても二着が精一杯とも言えた。





 すぐさま0.5卓へと戻っていった涙の紋章さんにしーじゃさん。私はもう少し0.1卓に住まうのである。



11.3$→23.3$
  1. 2006/01/06(金) 23:39:11|
  2. 雀荘NET
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

わらしべ長者作戦。

 今日も今日とて雀荘NET


 残り8.9ドル。日本円で1000円ちょっと。


 一万円を振りこんでこの暴落。やはり0.5卓は強いのだ。


 だがしかし、このまま埋もれてしまうのも嫌である。






 そこで現状確認。まず自己分析から入ろう。







 現在、雀荘NETのサービスで去年中に送金し、ゲーム参加した私はこの2006年の一年間はゲーム代を無料で遊ぶことができる。

 つまり、勝ち分はゲーム代を引かれることなく、そのまま勝ちとなるのだ。

 これはどのレートでも一緒。

 例え0.1(1000点約10円)の卓であろうとも、プラスはそのままプラスとなる。




 なら、ここから初めてみよう。




 はっきり言って0.5卓に巣くうお歴々からトータル浮きを取れる技術は今の私にはない。



 ならば、小さなトコでコツコツいくのも一つの手段である。



 まずはそこから頑張ってみよう。そして、一つ一つのヌルさを消していくのだ。




 現在のドル:8.9$→11.3$
  1. 2006/01/06(金) 00:50:15|
  2. 雀荘NET
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

いやー。やっぱ強いね。

 雀荘NETに投資した10000円がサク♪ と溶けた人形です。

 超ランお歴々はやはり強い。

 そしてその強い超ランお歴々に圧倒される感じで、後半心が折れてしまった感じもあり。



 技術以前に『心の維持』――平常心をなんとかせねば。


 しばらく点1でじわじわっといきます。


88ドル→8ドル(トホホ)
  1. 2006/01/05(木) 01:17:26|
  2. 雀荘NET
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

プロフィール

∈( ̄▽ ̄)∋ or人形( ひとがたち)

  • Author:∈( ̄▽ ̄)∋ or人形( ひとがたち)
  •  現在雀荘NETに大ハマリの雀生類。
     そのせいでフリーの悪マナーとタバコに免疫なくなってきました。

 メールアドレス及びMSNアドレス:hitogata■aqua.famille.ne.jp
 ■を@に変えてください。

無料アクセスカウンターofuda.cc「全世界カウント計画」


■人形の雀荘NETでのへたれっぷりを配信。
 こちらから見る

現在未配信

ランキング!!

 他の人気ギャンブルブログは下記からどうぞ。

ギャンブルランキング

ネット麻雀の同士たち

・雀荘NETでプレイしている方々のブログです。

勝ち組の麻雀 麻雀日記
かにマジンの麻雀やおよろず
T-Blog
女王の羽根突き
真性博打生活 ~心に平穏を~
inviccible road(常勝への道)
シャア専用フリー麻雀対戦日記
風彩瞑の記憶の断片
爆走MM麻雀日記
牌と共に

カテゴリー

リンク

 相互リンク大歓迎です。ジャンルに好き嫌いはございません。ギャンブル以外でも気楽にコメント等でご連絡ください。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

お薦め書籍

 私がお薦めする書籍一覧です。どれも買って損は無し!!






RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。